理学療法士・作業療法士・柔道整復師・鍼灸師などを対象としたセミナー・講習会のセラピストフォーライフ

セラピストに関わる人の人生に最良の改革を


言うまでもなく、セラピスト(理学療法士、作業療法士など)は患者様の人生に深く関わる仕事です。セラピストの質は、そのまま患者様の残りの人生の質につながる可能性があります。だからこそ、我々セラピストはその責任から目を背けてはなりません。


ということは.....


患者様の人生を悪くすることができるのなら、当然良くすることもできます。つまり我々セラピストが成長すればするほど、輝けば輝くほど患者様の人生もまた輝くに違いありません。 と同時に、セラピスト自身の人生もまた、輝くのだと思います。

ある作家が言っていた言葉が、私の背中をいつも押してくれています。


未来を予言するもっとも良い方法がある。それは自分で未来を創り出すことだ」

そうです、未来は自由に選択できます。


だから私はセラピストフォーライフを通して、社会貢献できるセラピストを育成していく未来を選択しました。


リハビリ業界の質の低下がよく話題にされるがいまだ効果的な解決策は不十分だし、改善を重ねていく必要があります。


現在のリハビリ業界の教育システムが不十分なのは誰もが感じていることだろうと思います。


多くの理学療法士や作業療法士の質の低下が叫ばれている現状から見ても明らかです。

セラピストが急速に増加している現状もあり、難しい課題が山積しています。

いずれにせよ不利益をこうむる人を減らすためにも早急に新しいシステムを構築する必要があると感じています。


セラピストフォーライフはセミナーを通して理学療法士や作業療法士の育成に力を入れています。今後はセミナーだけに留まらないと思います。

そこでまず始めに大切なのは新人教育です。

新人教育にさらに力を注ぎ、理学療法士や作業療法士の質の向上に努めていきます。

そして、中堅クラスやベテランへのフォローがほとんどない現状に対してもなんとかしていかなければならないと感じています。


セラピストフォーライフが掲げている主な理念は以下の3つです。

1.どの方法で治すか、といったテクニックのみを学ぶのではなく、どこを治すべきか、を明確にするための「適応を判断する知識」「病態を判断する技術」をコンセプトとした教育を行う

2.理学療法技術・学術の標準化とその底上げに寄与する

3.目の前の対象者に対し、常に真摯であり続け、「当たり前のことを当たり前にできるセラピスト」を育成する


以上のことはそれこそ当たり前のことです。だからこそ大切にし、育てていきたいと思っています。

一般社団法人セラピストフォーライフ

会長 片岡哲也